TOP  >  よくあるご質問

よくあるご質問

多摩地区の営業エリアはどのようになっているのですか?
当サイトのトップページの地図が色分けされているように、北多摩(ピンク)、南多摩(青)、西多摩(黄緑)の3つの地区(交通圏)に分かれています。例えば北多摩地区(ピンク)にある会社のタクシーがお客さまの乗車地もしくは降車地のどちらかが北多摩地区(ピンク)でないと、区域外営業として法令違反になります。
多摩地区の全ての駅にタクシー乗り場がありますか?
当サイトの“タクシーを呼びたい”「駅別で探す」の鉄道路線図の黒字の駅にはタクシー乗り場がありますのでご利用いただけます。それ以外の駅では電話・スマホアプリ等でお呼びいただくことになります。黒字の駅のタクシー乗り場がある駅からのご利用をお勧めします。
タクシー乗り場のある駅構内で手を上げたら、タクシーは乗車させてくれませんでしたが?
申し訳ございませんが、駅構内でタクシーをご利用の際はタクシー乗り場からご乗車下さい。
タクシー車内の忘れ物はどこに問い合わせればよいのですか?
領収証に印字されている会社へ直接お問い合わせ下さい。
領収証が無い場合は、当サイトの“タクシーを呼びたい”「市町村別で探す」もしくは「駅別で探す」から検索して、該当すると思われる会社へお問い合わせ下さい。個人タクシーの場合は、別途お問い合わせ下さい。
運賃の精算でクレジットカード、交通系ICのパスモとスイカは使用できますか?
クレジットカードはほとんどの会社で利用可能ですが、パスモ、スイカは、当サイトの“タクシーを呼びたい”「市町村別で探す」もしくは「駅別で探す」から最寄りの会社のホームページでご確認下さい。
羽田定額運賃でタクシーを利用したいのですが?
当サイトの“タクシーを呼びたい”「市町村別で探す」もしくは「駅別で探す」から、羽田定額運賃を実施している会社を確認して直接お問い合わせ下さい。
タクシー会社への苦情はどこに問い合わせればよいのですか?
領収証に印字されている会社へ直接お問い合わせ下さい。
領収証が無い場合は、当サイトの“タクシーを呼びたい”「市町村別で探す」もしくは「駅別で探す」から、該当すると思われる会社へ直接お問い合わせ下さい。個人タクシーの場合は別途お問い合わせ下さい。
現在の多摩地区のタクシー運賃・料金はどうなっているのですか?
タクシー運賃表(抜粋)
普通車 多摩地区
距離制運賃 初乗運賃 2kmまで 730円
加算運賃 276m増すごとに 90円
時間距離併用運賃 時速10km以下走行時間について
1分40秒までごとに 90円
深夜早朝割増運賃 22時~5時まで 2割増
迎車回送料金 回送距離について1kmを限度として
実車扱いとなります。※1
障害者割引 1割引 ※2
遠距離割引 9,000円を超えた金額について 1割引
  • ※1:1kmを限度とした実車扱いとは、タクシーを呼んだ際に、迎車地よりタクシーが1.0km離れた場所から迎えに来た場合、すでに初乗運賃が始まっており、利用者を乗せ、残りの初乗1.0km分を走行した段階で加算運賃が始まります。
  • ※2:「身体障害者手帳」または「療育手帳」を乗務員に提示すれば、運賃料金を1割引いたします。
タクシーの初乗り運賃は、都道府県ごとに決まっているのですか?
また、東京都23区・武蔵野市・三鷹市との運賃の違いはありますか?
エリア(交通圏)ごとに決められています。
東京都の場合は、「23区・武蔵野市・三鷹市」、「多摩地区」、「島嶼地区」などに分かれています。
23区・武蔵野市・三鷹市と多摩地区の初乗りは同額ですが、多摩地区の加算運賃は距離で4m、時間で5秒短くなっています。ただし、迎車回送料金は23区・武蔵野市・三鷹市は定額制を採用していますが、多摩地区はスリップ制を採用していますので、電話やスマホアプリでタクシーを呼んだ場合、23区・武蔵野市・三鷹市は初乗り730円+迎車回送料金410円(310円を採用している会社もあります)で運賃は1,140円(1,040円)になりますが、多摩地区の運賃は乗車距離が1km未満(時間加算なしの場合)であれば730円になります。
多摩地区が採用している1kmスリップについてはQ11Q12をご参照下さい。
乗車地点と降車地点が同じで、ルートも同じ場合、同じタクシー料金になりますか?
同じタクシー料金とは限りません。
タクシー料金は乗車距離だけで決まる訳ではありません。タクシー料金には、「乗車距離」以外に、「乗車時間の長短」、「迎車の有無」、「予約の有無」、「深夜早朝などの割増時間帯か否か」などが反映されます。

「乗車時間」については、「時間距離併用運賃」として、時速10㎞以下の走行時間について、1分40秒(100秒)ごとに90円加算されます。つまり、長めの赤信号での停車や、一般道で渋滞に遭遇した場合、初乗りで2㎞・加算運賃で276m走行していないのにメーターが加算されるのは、この「時間距離併用運賃」のためです。

さらに「迎車」の場合は、迎車回送料金がかかります。「予約」の場合は予約料がかかり、深夜・早朝の時間帯(PM22:00~AM5:00)は運賃が2割増となります。
電話でタクシーを呼んだ場合、料金はかかりますか?
かかります。
具体的には「迎車回送料金」のご負担があります。多摩地区では多くの会社が1㎞スリップ制の「迎車メーター」を採用しています。「迎車メーター」では迎車回送距離について、1㎞を限度として、実車扱いとなっています。この「迎車メーター」というシステムで「迎車回送料金」としてのご負担をいただいています。会社ごとに取扱いの異なる場合もありますので、ご利用になるタクシー会社に直接、お問い合わせ下さい。
「スリップ制」とは何ですか? 具体的に教えて下さい。
「スリップ制」とは、配車を受けた段階で乗務員が「迎車メーター」を入れて、距離メーターがカウントし始めるシステムです。迎車回送中でも、お客さまがご乗車されているご実車と同様の扱いになります。
ただし、初乗り運賃額以内を限度とするもので、エリア(交通圏)によって、1㎞上限の「1㎞スリップ制」、2㎞上限の「2㎞スリップ制」などあります。例えば、「1㎞スリップ制」の迎車メーターの場合、迎車回送距離が、上限の1㎞を超えると距離メーターがスリップし、それ以上、距離がカウントされないメーターです。

次に、多摩地区で多くの会社が採用している「1kmスリップ制」について、初乗り2㎞ 730円、割増時間帯以外の時間帯でご説明いたします。なお、実際は「時間距離併用運賃」ですが、ここでは、分かりやすいように、ご乗車の距離だけでご説明いたします。
まず、配車を受けた時点で「迎車メーター」を入れます。この時点で距離メーターがカウントし始めます。
  • ① 迎車先までの迎車回送距離が1.5㎞の場合、1㎞を過ぎたら、距離メーターはカウントをストップ(距離メーターがスリップ)し、カウントされなくなります。ご乗車後、メーターを「実車」に切り替えたら、距離メーターがカウントを再開し、残りの1㎞を走った時点で、90円が加算され、820円になります。
  • ② 迎車回送距離が0.7㎞の場合、距離メーターはスリップせず、ご実車後、残りの1.3㎞(迎車メーターを入れた地点から2㎞)を走った時点で、90円加算され、820円になります。
  • ※ 1㎞以上の配車距離があっても、迎車の場合の距離メーターは1㎞でストップします。
  • ※ つまり、初乗り2㎞ ¥730円の内、1㎞を上限として使ってしまうメーターとも言えます。
  • ※ なお、深夜早朝の割増時間帯は、初乗り1.667㎞ ¥730円なので、実車後、残りの0.667㎞で加算がスタートする場合があります。
多摩地区では多くの会社が「1kmスリップ制」を採用していますが、会社ごとに取扱いの異なる場合もありますので、ご利用になるタクシー会社に直接お問い合わせ下さい。
おおよそのタクシー運賃・料金を調べる方法はありますか?
おおよその目安として、こちらをクリックして、一般社団法人 東京ハイヤー・タクシー協会のホームページをご参照ください。
  • ※ 東京ハイヤー・タクシー協会のホームページでの料金は、目的地までの距離のみで計算を行っていますが、ご利用当日の道路渋滞、待ち時間等によって料金は変わりますので、ご了承ください。
  • ※ 東京ハイヤー・タクシー協会のホームページでの料金は、「23区・武蔵野市・三鷹市」のエリア(交通圏)の運賃で計算しています。より詳しく計算する場合は、次の簡便計算で計算して下さい。
ホームページやインターネット検索等でご乗車頂く距離が分かれば、次の計算式で簡便計算できます。これは距離のみで計算した場合の目安計算です。

通常時間帯の場合
¥730+〔ご乗車頂く距離-2km(※)〕÷0.276㎞×¥90目安の金額

深夜早朝の割増時間帯(PM22:00~AM5:00)の場合
¥730+〔ご乗車頂く距離-1.667㎞(※)〕÷0.230㎞×¥90目安の金額
  • ※ 迎車でご利用される場合は、迎車回送距離1㎞として、目安の計算を致します。(※)部分について、初乗りとして乗車できる残りの距離分を1㎞(深夜早朝0.667㎞)と読み替えて計算して下さい。(2㎞迎車回送距離1㎞1㎞)または、(1.667㎞迎車回送距離1㎞0.667㎞)という意味です。
  • ※ 実際のタクシー料金と異なるのは、主に、時間距離併用運賃の加算部分料金は¥90円刻みとなる部分各種割引制度(障害者割引・遠距離割引)の部分です。